クラウドの作業負荷を管理し削減

クラウド上でのデータ損失や長期のシステム停止から保護します。

マルチクラウドとクロスクラウドのデータ保護でITインフラを安全に移行する

仮想化の台頭で多くのIT部門は、仮想マシン(VM)の保護と復旧のためのソリューションが必須になりました。すべてのIT作業の60%がクラウド内で稼動する昨今、多くの企業が99.99999%から99.9999999%までのデータ可用性を確保するクラウドにバックアップデータを転送します。

主要なパブリッククラウドベンダーのほとんどは99.99%を超えるサービスレベルアグリーメント(SLA)を提供しておらず、年間10億ドルのダウンタイムと約10億ドルの損失をもたらしています。 あらゆるITワークロードと同様に、IaaSやSaaSのデータも含めて、データ保護戦略はクラウドをカバーしなければなりません。

Arcserveは、あらゆる規模の企業や組織に対して、俊敏性と経済性に優れたクラウドのメリットを享受いただけるよう、堅牢でクラウドネイティブなバックアップ、災害復旧、HAなどの機能を提供します。

必要に応じて拡張や縮小が可能ですので 設備投資費(CAPEX)から運用維持費(OPEX)に移行させることができます。プライベートまたはパブリッククラウド上のデータとシステムは安全で常に利用可能な状態を維持できます。また任意の目標復旧時間と復旧地点(RTO / RPO)を設定可能ですのでSLAを満たすことができます。

マルチクラウド、クロスクラウドのデータ保護を実現することでITインフラストラクチャを変化させる:

- 貴社でお使いのクラウド
- 貴社でお使いのクラウド

Microsoft Azure, Office 365, Amazon AWS, Arcserve Cloud, プライベートクラウド、パブリッククラウド

- 貴社でお使いのアプリケーション
- 貴社でお使いのアプリケーション

Exchange、SQL Server、 SharePoint、Office 365、Oracle Database、Lotus Domino、さらに

Arcserve Business Continuity Cloudは、統合型、クラウドベースの管理インターフェイスにより、クラウドやオンプレミスのデータ損失を防止します。

独自の業務要件にコスト効率良く対応できる使い勝手の良いツールを幅広い機能から選択できます。

最適なソリューションを探しましょう。

Arcserve UDP

ソフトウェア、アプライアンス、パブリッククラウド、プライベートクラウドのいずれの混在環境にも対応可能なバックアップ・リカバリ ソリューションを導入するとITインフラ全体の保護の複雑さを軽減できます。 迅速なインスタントVMやベアメタル復旧(BMR)、ストレージのハードウェア スナップショット、仮想スタンバイなどの機能を活用することで、スピードと機敏性を向上させます。 自動化された検証テストでシステムの回復力を確保し、詳細なレポートで関係者への透明性が確保できます。

お客様導入事例

Westinghouse Lighting Corporation: ハリケーンサンディでも歯が立たない、Arcserve UDP Cloud Direct BaaS

詳細を読む

PW Hall Ltdは、Arcserve UDP Appliance と Arcserve Cloudで、ユーザの生産性を向上

詳細を読む
Arcserve UDP<br>を試す

Arcserve UDP
を試す

無償トライアルに申し込む

メッセージを残す

無償トライアル