北海道江別市の新仮想化基盤のバックアップを、Arcserve UDP Applianceが支援

Nutanixのハイパー バイザ AHVのエージェントレスバックアップ、60%減の重複排除などで運用負荷を大幅に軽減

2019年12月26日

arcserve Japan合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:江黒 研太郎 以下、Arcserve Japan)は、バックアップ アプライアンス「Arcserve UDP Appliance」が北海道江別市に導入されたことを発表します。Arcserve UDP Applianceは、イメージ バックアップ ソフトウェアのArcserve UDPがプリインストールされたバックアップ専用サーバで、保護対象台数無制限のライセンスとバックアップ・リカバリ用に最適化された製品です。

江別市では2019年のバックアップシステム更改を機に、データ保護に関する様々な潜在リスクを解消し、バックアップ運用の負荷を削減するための取り組みを開始しました。

同市が抱えていた課題は以下の通りです。

(1) ファイルベースのバックアップ運用によるバックアップ時間の増大
江別市では、日曜日にフルバックアップを取り、平日に増分バックアップを取るスケジュールを組んでいました。庁内業務のデジタル化に伴ってデータが急速に増大すると、フルバックアップに要する時間が延び、業務システムによっては月曜日の開庁時間にずれこむリスクがありました。

(2) アプリケーションのオンラインバックアップやOS復旧の機能を導入していなかったこと
こうしたオプション機能は導入していなかったため、万が一サーバでハードウェア障害などが発生すると、新しいサーバを調達し、OS・アプリケーションを構築してからファイルを戻す必要がありました。復旧時間が長くかかることで、行政サービスに影響を与える可能性が想定できました。

(3) 少ないIT人材リソース
ユーザー数 1,000名を超える同市職員に対し、5人体制でIT利用をサポートしていたため、バックアップ運用に関わる負担が大きくなっていました。

(4) 災害対策
2018年9月6日に最大震度7の北海道胆振東部地震が発生、江別市でも大規模な停電の影響を受けました。無停電電源装置は備えていたものの、限定的な稼働時間のため、結果的に行政サービスに支障をきたしてしまった経験から、災害対策まで視野に入れたシステム保護が重要だと判断しました。

江別市では、こうした課題を解決するための対策として、まず、ファイルベースバックアップによるデータのみの保護ではなく、イメージバックアップによるシステム全体のバックアップを推進することが必要だと判断。また、万が一、ハードウェア障害などのトラブルが発生した場合でも、短時間でシステム復旧ができ、極力行政サービスを中断させないことが新システムの必須条件として掲げられました。さらに、業務担当課からの要望に対応するため、サーバリソースとバックアップ機能をセットで提供できるような仕組みの必要性も検討した結果、これらの条件を満たす製品としてバックアップ専用アプライアンス Arcserve UDP Applianceの採用を決定しました。

システムバックアップが可能で、重複排除機能を有していたことに加え、新しい仮想基盤として導入を検討しているNutanixのハイパーバイザ AHVにも対応し、エージェントレスバックアップが可能であったことが選定の決め手となりました。保護対象となるサーバ/PCに制限がないことも、Arcserve UDP Applianceを選んだ大きな理由のひとつでした。

新システムは2019年7月から本稼働をスタートし、現在は業務システムのシステム更改のタイミングに合わせてVMware からNutanixへの移行が進められています。Arcserve UDP Applianceは両仮想環境に対応しているため、バックアップ運用が一本化されたほか、初回の設定以降はほぼ自動的にバックアップ運用されるため、運用負荷も大幅に軽減されました。Arcserve UDP Applianceの重複排除機能により、フルバックアップで約60%ボリュームが削減されたことから、翌日の業務への影響もなく運用が可能になりました。

Arcserve Japanは、江別市へのArcserve UDP Applianceの提供により、バックアップ運用の負担を軽減すると同時に、災害対策を通じて事業継続を支援してまいります。

Arcserve Unified Data Protection (UDP) について
Arcserve UDPは、仮想や物理の混在する複雑な環境のニーズを満たす次世代の統合バックアップ・リカバリ ソリューションです。容易な操作性や、災害対策などの豊富な機能を標準で利用できることで他のソリューションと一線を画しています。多様なクラウドサービスにも対応しています。製品の詳細は、こちらをご覧ください。

Arcserve UDP Applianceについて
Arcserve UDP Applianceは、イメージ バックアップ ソフトウェアのArcserve UDPがプリインストールされたバックアップ専用サーバです。保護対象台数無制限のライセンスとバックアップ・リカバリ用に最適化されたハードウェアで、Arcserve UDPの使い勝手をそのままに、中規模環境のバックアップ・リカバリをより簡単かつシンプルに実現します。
製品の詳細は、こちらをご覧ください。

Arcserve について
Arcserveは、システムやアプリケーション、データなど業務遂行に欠くことのできないITインフラ全体に対して、包括的なバックアップ・リカバリ ソリューションを提供するデータ保護の専業ベンダーです。1990年の製品リリース以来、革新的かつ、実績あるバックアップソリューションの提供を継続しています。Arcserve Unified Data Protection (UDP)は、一瞬も止めることが許されないビジネスの要件に確実に応えることができる次世代の統合バックアップ・リカバリ ソリューションであり、これまでArcserveが培ってきたイメージバックアップ製品の技術が基盤となっています。Arcserveシリーズは、150か国以上の45,000社のお客様に対して、7,500以上の販売、ソリューションパートナー様を通して導入されています。Arcserveの本社は米国ミネソタ州ミネアポリス市です。Arcserveの詳細については、arcserve.com (Arcserve Japan: arcserve.com/jp )をご覧ください。

* 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Arcserve シリーズとソーシャル・ネットワーク・サービス

Arcserveオフィシャル・サイト
Twitter
Facebook
Arcserve Blog

Arcserve シリーズ製品に関するお問い合わせ先

Arcserveジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-410-116 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail: JapanDirect@arcserve.com

本件に関する報道機関からのお問合わせ先:

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル
Arcserve Japan
末吉 聡子
TEL: 03-4520-0637
email: satoko.sueyoshi@arcserve.com

###

メッセージを残す
無償トライアル

Arcserveの30日間の無償トライアルでデータをバックアップしましょう

バックアップ、レプリケーション、HA、ノード間の重複排除などの標準搭載の機能で、重要なビジネスデータを完全に保護します。 あらゆる環境を単一の統合コンソールから、簡単で一貫した操作で管理できます。

無償トライアルに申し込む
無償トライアルに申し込む