ITの複雑さを抑制

21st Century社のITの課題を解決して50%以上の時間を他の作業に割り当てました。

複数世代のITプラットフォーム保護の複雑さを軽減する

現代のITインフラでx86以外のプラットフォームやクラウドから異機種混在環境やデータセンターの設備まで、追跡するのは大変です。 しかし、今日の環境の複雑さにもかかわらず、半数以上の企業が2つ以上のバックアップソリューションを導入しており、複雑さをさらに増しています。

Arcserveは、目標復旧時間(RTO)や目標復旧地点(RPO)、サービス品質保証契約(SLA)を満たしながら生産性を最大50%向上できるだけなく、今日の複雑なインフラストラクチャの保護を簡単、シンプルに実現します。

複雑な保護を変える新しい方法とは:

お使いのシステム
お使いのシステム

x86 とx86以外も、そしてクラウド、物理・仮想環境も

お使いのストレージの種類
お使いのストレージの種類

パブリック、プライベートクラウド、ディスク、テープ

お使いのアプリケーション
お使いのアプリケーション

Exchange、SQL Server、 SharePoint、Office 365、Oracle Database、Lotus Domino、さらに

Arcserve Business Continuity Cloudは、統合型、クラウドベースの管理インターフェイスにより、クラウドやオンプレミスのデータ損失を防止します。

独自の業務要件にコスト効率良く対応できる使い勝手の良いツールを幅広い機能から選択できます。

最適なソリューションを探しましょう。

Arcserve UDP

ソフトウェア、アプライアンス、パブリッククラウド、プライベートクラウドのいずれの混在環境にも対応可能なバックアップ・リカバリ ソリューションを導入するとITインフラ全体の保護の複雑さを軽減できます。 迅速なインスタントVMやベアメタル復旧(BMR)、ストレージのハードウェア スナップショット、仮想スタンバイなどの機能を活用することで、スピードと機敏性を向上させます。 自動化された検証テストでシステムの回復力を確保し、詳細なレポートで関係者への透明性が確保できます。

お客様導入事例

Cork City Council は、最適化されたバックアップで運用を効率化

詳細を読む

First Securities がArcserveでバックアップ時間を短縮し、データの取り出しを効率化

詳細を読む
Arcserve UDP<br>を試す

Arcserve UDP
を試す

無償トライアルに申し込む

メッセージを残す

無償トライアル