システム停止を最小化

重要なシステムとアプリケーション、データを即座にリカバリして、収益や生産性、企業の評判を維持できます。

システムの停止はどんな時でも容認できません

データは現代のビジネスを遂行する上で不可欠であり、デジタル時代の大部分に依存しています。 顧客の動向から金融取引に至るまで、今日のビジネスは顧客が望むときに、顧客が望むものを正確に提供することが期待されています。

IT部門は、業務継続性を確保する最前線にあります。システム停止とデータ損失は最悪の場合、致命的な財政的打撃となります。

Arcserveは、オンプレミスやクラウドで目標復旧時間(RTO)や目標復旧地点(RPO)、サービス品質保証契約(SLA)を満たしながら、即座に復旧が可能な統合型プラットフォームでバックアップ・リカバリの新たな手法を提供します。

ビジネスの期待に応えるためにSALを満たすことが求められています。

鉄壁な事業継続性とは、ITの停止から保護することです:

  • 貴社でお使いのシステム – x86 とx86以外も、そしてクラウド、物理・仮想環境も
  • 貴社でお使いのストレージの種類 – パブリック、プライベートクラウド、ディスク、テープ
  • 貴社でお使いのアプリケーション – Exchange、SQL Server、 SharePoint、Office 365、Oracle Database、Lotus Domino、さらに

Arcserve Business Continuity Cloudは、統合型、クラウドベースの管理インターフェイスにより、クラウドやオンプレミスのデータ損失を防止します。

 

独自の業務要件にコスト効率良く対応できる使い勝手の良いツールを幅広い機能から選択できます。

 

最適なソリューションを探しましょう。

Arcserve Replication/High Availability

予期せぬ障害や人的エラー、災害によるシステム停止時間を最小限に抑え、データへのアクセスを最短で復旧させます。 Arcserve Replication/High Availability を導入することで、オンサイトや遠隔地、クラウド上のデータをリアルタイムにLANやWANを介して複製しますので厳格なSLAも満たすことができます。カスケード可能なHA機能で複数のレプリカサーバへのフェールオーバーシナリオの設定やデータの巻き戻しを使用して、アプリケーションやOSファイルを元に戻すこともできます。リアルタイムのサーバやアプリケーションの監視、自動、またはプッシュボタンでのフェールオーバー、ユーザ情報の自動リダイレクト、プッシュボタンのフェールバックでデータ損失を防止します。
 

Arcserve UDP

Arcserveのバックアップ・リカバリ ソリューションでは予算を最適化し、IT環境を合理化します。 ソフトウェア、アプライアンス、パブリッククラウド、プライベートクラウドのいずれに設置されていても、最大の保護レベルを提供します。 迅速なインスタントVMやベアメタル復旧(BMR)、ストレージアレイスナップショット、仮想スタンバイなどの機能を使用して、スピードと機敏性を向上させます。 完全に自動化されたテストでシステムの復旧を保証し、詳細なレポートを作成できます。

お客様導入事例

IPS は、Arcserve UDPでシステムの停止時間とコストを抑制しました

詳細を読む

FINIはArcserve UDPの導入でシステム停止のリスクを低減しました

詳細を読む
Arcserve UDPを試す

Arcserve UDPを試す

無償トライアルに申し込む

メッセージを残す

無償トライアル