Arcserve Japan、クライアントPCを保護するバックアップツールの無償版を提供開始

サーバと同等のバックアップ機能で、近年流行のクライアントPCのセキュリティ被害対策が可能に

2016年8月26日東京発

arcserve Japan合同会社(本社:東京都千代田区、社長:江黒 研太郎 以下、Arcserve Japan)は、統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve® Unified Data Protection v6(以下、Arcserve UDP v6)」のクライアントPC向け「Workstation Edition」無償版の提供を本日より開始します。

近年流行しているランサムウェア等のセキュリティ被害は、クライアントPCから感染して企業内に広がるケースが大多数を占めています。データ保護の観点からも、こういったエンドポイントにもファイルサーバやメール、Webサーバと同等の保護が必要となり、多くの企業が対応を進めている懸念事項です。

Arcserve Japanでは、こういった企業内で使われているクライアントPCのデータ保護対策に注目し、Arcserve UDP Workstation Editionの無償版の提供を開始します。無償版は以下のステップで、非常に簡単に使用いただけます。

 1. まず、Arcserve Japanのwebページより、製品の無償トライアルダウンロードに申し込み、製品をダウンロードいただきます。

 2. クライアントPCにインストール後30日間は、サーバ用製品とまったく同じ機能をお試しいただくことができますが、30日経過後は自動的に「無償版」となり、以下の制限が付きます。
• RPS(復旧ポイント サーバ)へのバックアップができない
• Arcserve サポートへのお問い合わせができない
※制限の詳細は、サポートページでご確認いただけます。

 3. 「無償版」の使用に関する期限はなく、長期にわたってお使いいただくことができます。RPSにすべてのクライアントPCのデータやシステムを重複排除してより効率的なバックアップを行いたい、バックアップデータの世代管理をしてRPSで一元管理したい、万が一の際にはPRSから各クライアントPCにリストアやBMR(ベアメタル復旧)を行いたい、などのニーズがある場合は、Arcserve UDP Workstation Edition有償版のご購入が必要になります。

Arcserve UDP Workstation Edition無償版のダウンロードから利用までの詳細は、ブログでご紹介しております。

Arcserve UDPは、仮想や物理の混在する複雑な環境のニーズを満たす次世代の統合バックアップ・リカバリソリューションです。 (1)仮想・物理環境やクラウドコンピュータ上のデータを一元的に保護できる集中管理機能、(2)環境全体にわたるバックアップデータの重複排除と遠隔拠点への自動転送機能、(3)災害時にはシステムを即時利用可能にする仮想スタンバイとインスタントVM機能に加えて、容易な操作性で他のソリューションと一線を隔しています。Arcserve UDP は、サーバ向けに「Advanced Edition」「Premium Edition」「Premium Plus Edition」の3Edition、クライアントPC向けには「Workstation Edition」の、計4Editionが用意されています。

「Arcserve UDPの提供開始以来、Arcserve Japanは、積極的な製品の強化を図ってまいりました。この間、日本国内のお客様には35,000本のArcserve UDPを導入いただきました。Windows 10などのクライアントPC保護のニーズの高まりを受け、無償版の提供を決定しました。多くのお客様に豊富な機能と使い勝手の良さでクライアントPCを確実に保護できることを実感いただきたいと考えています」とArcserve Japanの社長、江黒研太郎は語っています。

Arcserveについて
Arcserveは、システムやアプリケーション、データなど業務遂行に欠くことのできないITインフラ全体に対して、包括的なバックアップ/リカバリ・ソリューションを提供するデータ保護の専業ベンダーです。1990年の製品リリース以来、革新的かつ、実績あるバックアップソリューションの提供を継続しています。Arcserve Unified Data Protection (UDP)は、一瞬も止めることが許されないビジネスの要件に確実に応えることができる次世代の統合バックアップ/リカバリ・ソリューションであり、これまでArcserveが培ってきたイメージバックアップ製品の技術が基盤となっています。Arcserveシリーズは、150か国以上の45,000社のお客様に対して、7,500以上の販売、ソリューションパートナー様を通して導入されています。Arcserveの本社は米国ミネソタ州ミネアポリス市です。Arcserveの詳細については、arcserve.com (Arcserve Japan: arcserve.com/jp )をご覧ください。

###

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


Arcserveシリーズとソーシャル・ネットワーク・サービス

Arcserveシリーズ製品に関するお問い合わせ先
Arcserveジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-410-116 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail: JapanDirect@arcserve.com

本件に関する報道機関からのお問合わせ先:
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル
Arcserve Japan
末吉 聡子
TEL: 03-4520-0637
email: satoko.sueyoshi@arcserve.com

メッセージを残す
無償トライアル

Arcserveの30日間の無償トライアルでデータをバックアップしましょう

バックアップ、レプリケーション、HA、ノード間の重複排除などの標準搭載の機能で、重要なビジネスデータを完全に保護します。 あらゆる環境を単一の統合コンソールから、簡単で一貫した操作で管理できます。

無償トライアルに申し込む
無償トライアルに申し込む