Press Releases

富士通のクラウドサービス「K5」にバックアップソリューション「Arcserve UDP」が対応

作業・コスト負荷を抑制し、業務データの容易なクラウドバックアップを実現

Arcserve Japan合同会社(本社:東京都千代田区、社長:江黒 研太郎 以下、Arcserve Japan)が提供する統合バックアップ/リカバリ・ソリューション「Arcserve Unified Data Protection(以下、Arcserve UDP)」が、このたび、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(フジツウ クラウド サービス ケイファイブ、以下、K5)」に対応し、2016年2月17日より利用可能となります。
これにより、お客様は「Arcserve UDP」を活用して、「K5」上に構築した業務システムのOS稼働中のデータバックアップや、自社内に構築したシステムから必要なデータを「K5」上へ二次バックアップすることができ、自社のストレージ領域やネットワーク帯域の占有や日々の運用コストを抑えながら、業務継続性のさらなる強化が可能になります。

【背景】

富士通とArcserve Japanは、Arcserveシリーズにおける20年におよぶ強固なパートナーシップを背景に、お客様の事業継続性の強化を支援してきました。

両社は、クラウド環境でも使いやすく、信頼性の高いバックアップソリューションであるArcserve Japanの「Arcserve UDP」を、富士通のデジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(注1)」の中核商品であるクラウドサービス「K5」上で動作させるための設計・検証を、2015年9月に共同で開始し、このたび、「K5」に対応した最初のバックアップソリューションとして、「Arcserve UDP」を提供開始します。

【効果】

今回、富士通の持つノウハウが蓄積されたクラウドサービス「K5」に、OS稼働中でもドライブイメージバックアップが可能な「Arcserve UDP」が対応したことで、お客様は、クラウド上の業務データを、高速かつ安全にバックアップできるようになります。さらには、「Arcserve UDP」が有する、日々行われるバックアップのデータ量を最小限に留めながら保存世代数を自動で調整する「永久増分バックアップ機能」と、保存世代間で重複しているデータを一本化する「重複排除機能」を利用してバックアップデータをよりコンパクトにすることで、利用するクラウドリソースを最適化できます。

また、これまでお客様が災害対策のために遠隔地のサーバへバックアップを行うには、バックアップサーバの設置場所の確保から構築・運用までの作業・コスト負荷がかかっていましたが、「Arcserve UDP」は、ドライブイメージからのファイル単位のリストア(復旧)や、お客様が任意の場所に構築したサーバへのバックアップデータの遠隔転送を標準機能として提供しており、時間従量料金の仮想サーバおよび容量従量料金のストレージを提供している「K5」と合わせて利用することで、お客様はICT投資を抑制しながらデータの保護から災害対策まで、クラウド上で手軽に実現することが可能となります。「K5」は、2016年度以降海外での提供も予定しており、データのバックアップ先として海外を利用したいお客様にも対応していきます。

今後は、お客様が「Arcserve UDP」の設定画面から「K5」をバックアップ先のクラウドとして選択するだけで、お客様環境からクラウド環境へのバックアップを可能にする機能を「Arcserve UDP」に追加するなど、お客様のニーズに沿った機能を強化していきます。

【関連サイト】

・Arcserve Unified Data Protection 動作要件

https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/201865549-arcserve-UDP-5-0-Software-Compatibility-Matrix

・「FUJITSU Cloud Service K5」 http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/k5/

・「Arcserve Unified Data Protection」

https://www.arcserve.com/jp/data-protection-software/backup-and-recovery-software/

・富士通 Arcserve製品 紹介ページ  http://www.fujitsu.com/jp/software/arcserve/

【商標について】

本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【注釈について】

(注1)MetaArc:お客様のデジタル革新を実現するため、クラウド、モバイル、ビッグデータ、IoTなどの最先端技術を実装したデジタルビジネス・プラットフォーム

≪報道関係者お問い合わせ先≫

富士通株式会社
広報IR室  高橋、後藤
03-6252-2174(直通)
Arcserve Japan合同会社
末吉 聡子
TEL: 03-4520-0637
email: satoko.sueyoshi@arcserve.com

≪お客様お問い合わせ先≫

富士通株式会社
富士通コンタクトライン (総合窓口)
0120-933-200
受付時間9:00 ~ 17:30(土・日・祝日・年末年始を除く)
Arcserve Japan合同会社
Arcserveジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-410-116 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail: JapanDirect@arcserve.com

メッセージを残す

無償トライアル

Arcserveの30日間の無償トライアルでデータをバックアップしましょう

バックアップ、レプリケーション、HA、ノード間の重複排除などの標準搭載の機能で、重要なビジネスデータを完全に保護します。 あらゆる環境を単一の統合コンソールから、簡単で一貫した操作で管理できます。

無償トライアルに申し込む
無償トライアルに申し込む