Arcserve Japan、統合バックアップ・リカバリソリューションの新リリース Arcserve® Unified Data Protection v6を発表

益々増加するデータと、物理・仮想・クラウドなど混在するシステムの
複雑さを効率的に管理し、災害対策も簡単に実現

製品間連携をさらに強化したArcserve® Backup r17を同時リリース
2016年2月3日

Arcserve Japan合同会社(本社:東京都千代田区、社長:江黒 研太郎 以下、Arcserve Japan)は、統合バックアップ・リカバリソリューションの新リリース「Arcserve® Unified Data Protection v6(以下、Arcserve UDP v6)」および「Arcserve® Backup r17」を、2016年2月29日より受注開始、2016年3月3日より出荷することを発表します。

Arcserve UDP v6は、シンプルで簡単な運用をお客様に提供し続けることはもちろん、仮想化統合基盤の課題や事業継続の実現に応えるべく機能強化されています。災害や障害など、いざという時に素早く簡単に業務を再開できるリカバリ機能や運用管理ツールとのジョブ連携、Linuxプラットフォームに向けた機能強化が含まれています。今後益々増加するデータの効率的な管理と、物理・仮想・Windows・Linux、そしてクラウドまでが混在するシステムの複雑さを単一製品で保護できることは利用されるお客様にとって大きなメリットになります。さらに、これまで高価で手を付けられなかった災害対策も標準機能で迅速、簡単に実現できます。

Arcserve Backup r17のリリースによって、Arcserve UDP v6との製品統合が加速されています。統合テープバックアップ機能が提供されたことで、Arcserve UDPの復旧ポイントのテープへの移行(D2D2T*1)に関わるスケジューリングや監視など、日々のバックアップ運用をUDPのコンソールから一元的に実行できるようになりました。また、統合インストーラにより、インストールしたいArcserve製品をチェックするだけの操作で自動的にモジュールをダウンロードして、複数製品を一度にインストールできます。

<Arcserve UDP v6 の 主な新機能・強化のポイント>

時間と手間をかけない業務継続

本番サーバの障害や災害など、業務継続へのリスクに際し即座に業務再開が可能な「インスタントVM」の機能を提供します。事前の仮想マシン作成や復旧メディアの用意が不要な手軽さに加えて、わずか3項目の設定だけで実行、業務再開が可能です。

バックアップ運用の自動化

ジョブの実行、監視を行う運用管理ツールとの連携を容易にするコマンドラインインターフェースを提供します。コマンドからバックアップ/リストアなどを実行できるため、ジョブネットに組み込んでシステム運用の一部としてバックアップを管理できます。

Linux バックアップの強化

基幹システムとしても活用が進むLinuxサーバのバックアップが強化され、Windowsサーバと同等のバックアップと管理ができるようになりました。また「インスタントBMR(ベアメタル復旧*2)」の機能によりLinuxサーバの復旧作業をリモートからでも実行できるだけでなく、システムとデータの完全復旧まで業務の再開ができないといった課題を解決できるようになりました。

各種性能の大幅な向上

バックアップ/リストアの処理の見直しにより、処理性能が大幅に向上しました。以前のバージョンに較べて、「ベアメタル復旧」によるサーバ復旧では75%の時間短縮*、また「仮想マシンの復旧」では最大28%のスループットの向上**、さらに「復旧ポイントのコピー(アーカイビング)」の速度が54%向上***しました。

*     平均ディスクリードタイム  (デバッグログの情報から測定、データストアの重複排除有効)
**   平均スループット GB/ 分 (Hyper-V 環境 : VM数: 76、データストア量 13TB”重複排除有効“)
*** 平均転送速度(データストア量 230GB (重複排除有効) , 同一サーバ内でコピー)
いずれもArcserve調べ

<Arcserve Backup r17 の 主な新機能・拡張機能>

詳細レベル リストア ユーティリティの提供

Microsoft Exchange Serverの詳細レベルリストア ユーティリティを提供します。Exchange Serverのメールやメールボックス、フォルダ、メッセージ、添付ファイル、タスクなどの詳細アイテムを個別にリストアできるようになりました。この際にバックアップ時のカタログ作成が不要になるため、バックアップ時間も短縮できます。なお、本ユーティリティはArcserve UDPでも利用できます。

VMware vSphere の最新環境に対応

VMware vSphere 6.0 Update 1とVDDK 6.0 Update 1をサポートします。この最新vSphere環境への対応によって、仮想ディスクごとに仮想ボリュームを作成することで仮想環境の管理をシンプルにするVVOL*3構成の仮想環境でも運用や構成を変えることなくバックアップできるようになりました。

大容量のディスクに対応

バックアップ元とバックアップ先として、1セクタあたりのサイズが4KBとなる「4Kディスク」にネイティブに対応し、4TB以上の大容量HDDの利用が可能になりました。

高速、大容量のテープドライブに対応

LTO-7テープ装置とLTO-7テープに対応します。非圧縮で6.0TB、圧縮時には最大15TBまでと、LTO-6の約2倍のバックアップデータの高速な保存が可能です。

提供時期>

両製品とも、2016年2月29日(月)より受注開始、2016年3月3日(木)より出荷します。

<価格>

Arcserve UDP v6:10万円より ※1年間の保守サポートを含む(税別)
Arcserve Backup r17:15万円より (税別)

*1 D2D2T(Disk to Disk to Tape):ディスクサブシステムとテープストレージを用いて2段階のバックアップを行う手法
*2 BMR(ベアメタル復旧):障害が発生した際に、バックアップから初期状態のサーバに対してシステムとデータを復旧し、障害前の状態に復旧させる手法
*3  VVOL:仮想化ソフトウェアのパッケージであるVMware vSphere 6.0に搭載のストレージ管理技術

Arcserve Unified Data Protection(UDP) 」について

Arcserve UDPは、仮想や物理の混在する複雑な環境のニーズを満たす次世代の統合バックアップ/リカバリ・ソリューションです。容易な操作性や、災害対策などの豊富な機能を標準で利用できることで他のソリューションと一線を画しています。多様なクラウドサービスにも対応しています。

https://www.arcserve.com/jp/products-solutions/products/unified-data-protection-software.aspx

Arcserve Backup について

Arcserve Backupは、は、国内のバックアップソフトウェア市場のWindowsプラットフォームで10年以上にわたってリーダーの位置づけ*を維持しています。クラウドの活用、データ重複排除、仮想環境の対応、スケジューリング、アプリケーションのオンライン保護など、きめ細やかなバックアップ/リカバリを簡単・高速に実現します。*出典:ミック経済研究所「ハイブリッドクラウド対応進む ミドルウェアパッケージソフトの市場展望【運用・DB編】」 (2015年度版)

https://www.arcserve.com/jp/products-solutions/products/server-backup-software.aspx

Arcserve について

Arcserveは、システムやアプリケーション、データなど業務遂行に欠くことのできないITインフラ全体に対して、包括的なバックアップ/リカバリ・ソリューションを提供するデータ保護の専業ベンダーです。1990年の製品リリース以来、革新的かつ、実績あるバックアップソリューションの提供を継続しています。Arcserve Unified Data Protection (UDP)は、一瞬も止めることが許されないビジネスの要件に確実に応えることができる次世代の統合バックアップ/リカバリ・ソリューションであり、これまでArcserveが培ってきたイメージバックアップ製品の技術が基盤となっています。Arcserveシリーズは、150か国以上の45,000社のお客様に対して、7,500以上の販売、ソリューションパートナー様を通して導入されています。Arcserveの本社は米国ミネソタ州ミネアポリス市です。Arcserveの詳細については、www.arcserve.com (Arcserve Japan: www.arcserve.com/jp )をご覧ください。

###

* 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Arcserve シリーズとソーシャル・ネットワーク・サービス

Arcserveオフィシャル・サイト
Twitter
Facebook
Arcserve Blog

Arcserveシリーズ製品に関するお問い合わせ先

Arcserveジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-410-116 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail: JapanDirect@arcserve.com

本件に関する報道機関からのお問合わせ先:

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル
Arcserve Japan
末吉 聡子
TEL: 03-4520-0637
email: satoko.sueyoshi@arcserve.com

メッセージを残す
無償トライアル

Arcserveの30日間の無償トライアルでデータをバックアップしましょう

バックアップ、レプリケーション、HA、ノード間の重複排除などの標準搭載の機能で、重要なビジネスデータを完全に保護します。 あらゆる環境を単一の統合コンソールから、簡単で一貫した操作で管理できます。

無償トライアルに申し込む
無償トライアルに申し込む