お知らせ:Arcserve Japanが富士通と共同で、Arcserve UDPを活用した検証を実施

仮想マシン50台、テラバイトクラスの同時並列バックアップで高い性能を発揮

2019年9月4日

arcserve Japan合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:江黒 研太郎 以下、Arcserve Japan)は、仮想化環境における統合バックアップ・リカバリ ソリューション「Arcserve Unified Data Protection 7.0(以下、Arcserve UDP)」の性能について、富士通株式会社と共同で検証を行い、想定を上回る結果を達成したことをお知らせします。

データ保護が企業のコンプライアンス対応や事業継続にとって必要不可欠となる中、仮想基盤へ集約された多数の仮想マシンを円滑にバックアップ・リストアできるかどうかが、顧客企業の大きな関心事となっています。特に基幹システムが稼働している仮想マシンは大容量データを搭載しているため、業務に支障がないようシステムとデータを保護することが重要課題であり、短時間での確実なバックアップが必須となります。

こうした背景を受け、富士通では、仮想化環境における大規模バックアップの検証を行うことを決定。富士通のPCサーバ「PRIMERGY」に導入されているバックアップ・リカバリ ソリューションでは、物理環境、仮想環境ともにArcserveシリーズが主流になっていることから、今回の検証ではArcserve UDPの最新バージョンが採用されました。

検証は2019年4月より、富士通の共創ワークショップ空間であり、検証サービスも提供する「FUJITSU Digital Transformation Center」(以下、DTC)で開始しました。バックアップ方式は、仮想マシンごとにArcserve UDPのエージェントを導入する必要がない「エージェントレス バックアップ」を選択。さらにバックアップ効率を高めるため、Arcserve UDP標準搭載の「永久増分バックアップ」「重複排除」「データ圧縮」の3つの機能を利用しました。

仮想マシン50台の環境で、テラバイトクラスのデータについてフルバックアップおよび増分バックアップを同時並列で実施した結果、約2.5TBの50台同時並列増分バックアップでは平均524.7MB/秒のスループット(一定時間内に処理できるデータ量)を記録し、想定よりはるかに優れた処理能力を発揮しました。

この結果から、仮想環境における大規模な同時並列バックアップには高価で多機能なソフトウェアが必要だという固定概念が払拭され、導入しやすい価格帯のArcserve UDPでも十分に対応可能であることが実証されました。また、仮想マシンサーバ1台のリストアでは、15分台で復旧できる性能を記録し、災害対策レベルのソリューションであることも確認されました。

また、これらの性能に加え、UDPコンソールによる短時間でのバックアップ設定や一元管理機能による運用面でのメリットも、検証を通じて再確認されました。Arcserve Japanと富士通は、長期にわたる密接なパートナーシップと技術協力をベースに、今後もお客様のデータ保護ニーズに合致した最適なソリューションの提供を推進してまいります。

【検証概要】
<検証環境>

・ハードウェア:PRIMERGYおよびETERNUS DX
・仮想OS:VMwareR vSphere
・バックアップ・リカバリ ソリューション:Arcserve UDP 7.0

<検証テーマ>
・Arcserve UDPに仮想マシンの大規模並列処理が可能か
・Arcserve UDPではどれほどのバックアップスループットを出せるか
・Arcserve UDPはバックアップ運用全般の一元管理が可能か

<検証結果>
・約2.5TBの50台同時並列増分バックアップのスループットは平均524.7MB/秒
・仮想マシン1台のリストアのスループットは128.16MB/秒

検証結果のレポートの詳細は、こちら をご覧ください。

Arcserve Unified Data Protection(UDP) について
Arcserve UDPは、仮想や物理の混在する複雑な環境のニーズを満たす次世代の統合バックアップ/リカバリ・ソリューションです。容易な操作性や、災害対策などの豊富な機能を標準で利用できることで他のソリューションと一線を画しています。多様なクラウドサービスにも対応しています。
詳細については、製品ページ をご覧ください。

Arcserve について
Arcserveは、システムやアプリケーション、データなど業務遂行に欠くことのできないITインフラ全体に対して、包括的なバックアップ・リカバリ ソリューションを提供するデータ保護の専業ベンダーです。1990年の製品リリース以来、革新的かつ、実績あるバックアップソリューションの提供を継続しています。Arcserve Unified Data Protection (UDP)は、一瞬も止めることが許されないビジネスの要件に確実に応えることができる次世代の統合バックアップ・リカバリ ソリューションであり、これまでArcserveが培ってきたイメージバックアップ製品の技術が基盤となっています。Arcserveシリーズは、150か国以上の45,000社のお客様に対して、7,500以上の販売、ソリューションパートナー様を通して導入されています。Arcserveの本社は米国ミネソタ州ミネアポリス市です。Arcserveの詳細については、arcserve.com (Arcserve Japan: arcserve.com/jp )をご覧ください。

* 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Arcserve シリーズとソーシャル・ネットワーク・サービス

Arcserveオフィシャル・サイト
Twitter
Facebook
Arcserve Blog

Arcserve シリーズ製品に関するお問い合わせ先

Arcserveジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-410-116 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail: JapanDirect@arcserve.com

本件に関する報道機関からのお問合わせ先:

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル
Arcserve Japan
末吉 聡子
TEL: 03-4520-0637
email: satoko.sueyoshi@arcserve.com

###

メッセージを残す
無償トライアル

Arcserveの30日間の無償トライアルでデータをバックアップしましょう

バックアップ、レプリケーション、HA、ノード間の重複排除などの標準搭載の機能で、重要なビジネスデータを完全に保護します。 あらゆる環境を単一の統合コンソールから、簡単で一貫した操作で管理できます。

無償トライアルに申し込む
無償トライアルに申し込む