Arcserve Japan、バックアップ専業ベンダーとして設立1周年を迎え、さらに事業を拡大

Arcserve Unified Data Protectionは、昨年同期比で600%の売上増を達成、
国産ベンダーと同水準のクオリティを誇るサポート・サービスにより、高い顧客満足度を維持

2015 年 10 月 1 日

Arcserve Japan合同会社(本社:東京都千代田区、社長:江黒 研太郎 以下、Arcserve Japan)は、日本法人設立から本日で1周年を迎えました。

Arcserve Japanは、CA Technologiesから独立し、2014年10月1日に日本法人を設立して以来、データ保護のあらゆるニーズに応えるバックアップ/リカバリ・ソリューション「Arcserve Unified Data Protection(UDP)」の提供と、650を越える販売・ソリューションパートナーとの協力により、データ保護事業を大幅に拡大してまいりました。2015年3月末には、独立後の事業拡大に伴い、本社を現在の千代田区神田神保町に移転しています。

日本法人設立から1年間の特筆すべき成果は以下の通りです。

  • 営業・マーケティングの強化により、Arcserve UDPの出荷が13,000ライセンスとなり、前年同期比で600%の大幅な売上増を達成
  • 保守サポートの増員や新しいサポートシステムの導入により、高い顧客満足度(*)を維持

(*サポートシステムを活用してカスタマーサービスへの評価を集計した結果、「満足」と答えたお客様は通年で96%にのぼりました)

  • グローバルなクラウドサービスのみならず、国内のクラウドサービスへの対応強化により、クラウドサービスに利用されるArcserveシリーズが前年同期比で195%の売上増を達成
  • パートナープログラムを強化し、Arcserveシリーズの販売認定制度「Arcserveソリューションコーディネーター」の認定者が700名に到達

Arcserve Japanでは、これまでに培ったArcserve Backup、Arcserve Replication/High Availabilityの国内での販売実績をベースに、クラウドサービスや仮想化環境への対応強化など、お客様の様々なデータ保護ニーズに合致した製品・保守サポートを提供しています。特にサポート部門には経験豊富なエンジニアが多数在籍し、製品技術に関する知識が蓄積されているため、国産ベンダーと同水準の、迅速で高いクオリティのサポート・サービスを提供しています。バックアップ専業ベンダーとして独立したことで、日本のお客様からのフィードバックを本社の開発部門にエスカレーションし製品に反映させるスピードがさらに速くなったことも、高い顧客満足度を誇る要因になっています。

2015年9月30日に発行された『ハイブリッドクラウド対応進む ミドルウェアパッケージソフトの市場展望【運用・DB編】2015年度版』(株式会社ミック経済研究所)の最新のデータによると、

Windowsプラットフォームにおけるバックアップソフトウェアの国内市場シェアは、Arcserveが54.3%になると予測されています。同調査2014年度版における52.7%の国内市場シェア(確定値)

からは1.5%増加し、14年連続1位を継続しています。

Arcserve Japan 社長の江黒 研太郎は、日本法人設立1周年を迎えて以下のように述べています。

「Arcserve Japanは、Arcserveシリーズ製品を導入いただいているお客様、そしてパートナー企業の尽力により、独立後も順調に事業を拡大しています。今後も100%チャネル販売を継続し、パートナー各社との協力体制を強化することにより、パッケージやバンドル販売など、お客様のご要望に対応したソリューションや、さらに先進的な統合バックアップ・リカバリ製品の提供にまい進していく所存です。」

Arcserve Unified Data Protection(UDP)」について

Arcserve UDPは、仮想や物理の混在する複雑な環境のニーズを満たす次世代の統合バックアップ/リカバリ・ソリューションです。容易な操作性や、災害対策などの豊富な機能を標準で利用できることで他のソリューションと一線を画しています。多様なクラウドサービスにも対応しています。

Arcserve について

Arcserveは、システムやアプリケーション、データなど業務遂行に欠くことのできないITインフラ全体に対して、包括的なバックアップ/リカバリ・ソリューションを提供するデータ保護の専業ベンダーです。1990年の製品リリース以来、革新的かつ、実績あるバックアップソリューションの提供を継続しています。Arcserve Unified Data Protection (UDP)は、一瞬も止めることが許されないビジネスの要件に確実に応えることができる次世代の統合バックアップ/リカバリ・ソリューションであり、これまでArcserveが培ってきたイメージバックアップ製品の技術が基盤となっています。Arcserveシリーズは、150か国以上の45,000社のお客様に対して、7,500以上の販売、ソリューションパートナー様を通して導入されています。Arcserveの本社は米国ミネソタ州ミネアポリス市です。Arcserveの詳細については、www.arcserve.com (Arcserve Japan: www.arcserve.com/jp )をご覧ください。

###

* 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Arcserveシリーズとソーシャル・ネットワーク・サービス

Arcserveオフィシャル・サイト
Twitter
Facebook
Arcserve Blog

Arcserve シリーズ製品に関するお問い合わせ先

Arcserveジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-410-116 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail: JapanDirect@arcserve.com

本件に関する報道機関からのお問合わせ先:
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル
Arcserve Japan
末吉 聡子
TEL: 03-4520-0637
email: satoko.sueyoshi@arcserve.com

メッセージを残す
無償トライアル

Arcserveの30日間の無償トライアルでデータをバックアップしましょう

バックアップ、レプリケーション、HA、ノード間の重複排除などの標準搭載の機能で、重要なビジネスデータを完全に保護します。 あらゆる環境を単一の統合コンソールから、簡単で一貫した操作で管理できます。

無償トライアルに申し込む
無償トライアルに申し込む