透明性を高める

目標復旧時間と目標復旧地点を確実に満たします。

システム可用性を把握し、関係者と情報を共有

複雑なインフラストラクチャの管理と運用の検証を行っておくことで、停電などの場合も迅速に再開することができます。 実際、業務の可用性と収益性は、目標復旧時間と復旧地点(RTO RPO)などの指標と同義語になっています。

伝統的なデータ保護ツールは、不可能ではないにせよ、プロセスの非効率性を測定し緩和することを困難にする可能性があります。 Arcserveは、お客様のRTOとRPOを証明し、サービスレベルアグリーメント(SLA)を簡単に復元して提供するためのAssured Recovery™機能を使用して、この課題を解決します。

業務停止や運用システムへの影響なしに、システム、アプリケーション、データの自動災害復旧テストを実施できます。 細分化されたレポート作成により、システムの可用性を保証します。

テストとレポート作成によるサービス提供の改善:

- 貴社でお使いのシステム
- 貴社でお使いのシステム

x86 とx86以外も、そしてクラウド、物理・仮想環境も

- 貴社でお使いのアプリケーション
- 貴社でお使いのアプリケーション

Exchange、SQL Server、 SharePoint、Office 365、Oracle、さらに

Arcserve Business Continuity Cloudは、統合型、クラウドベースの管理インターフェイスにより、すべてのクラウド、オンプレミスのデータ損失を防止します。

独自の業務要件にコスト効率良く対応できる使い勝手の良いツールを幅広い機能から選択できます。

最適なソリューションを探しましょう。

Arcserve UDP

Arcserveのバックアップ・リカバリ ソリューションでは予算を最適化し、IT環境を合理化します。 ソフトウェア、アプライアンス、パブリッククラウド、プライベートクラウドのいずれに設置されていても、最大の保護レベルを提供します。 Assured Recovery™ を利用すれば、データの復旧と想定外の停止が起こっても基幹システムを継続して稼働できるかを検証できますので、業務継続性についてビジネスの関係者とも認識を共有できます。

Arcserve Replication/High Availability

予期せぬ障害や人的エラー、災害によるシステム停止時間を最小限に抑え、データへのアクセスを最短で復旧させます。 Arcserve Replication/High Availability を導入することで、オンサイトや遠隔地、クラウド上のデータをリアルタイムにLANやWANを介して複製しますので厳格なSLAも満たすことができます。Assured Recovery™機能により、効率的なテストが実行できますので業務継続に重要なシステムやアプリケーションを関係者に詳細にレポートすることができます。

お客様導入事例

Ascentisは、Arcserve UDPを使用してビジネス継続性を保証し、優れたサービスで企業評価を守ります

詳細を読む

First Securities がArcserveでバックアップ時間を短縮し、データの取り出しを効率化

詳細を読む
Arcserve UDP<br>を試す

Arcserve UDP
を試す

無償トライアルに申し込む

メッセージを残す

無償トライアル