サイバー攻撃やランサムウェアからデータ損失を防ぐ

悪意のある脅威によるシステム停止やデータ損失から業務システムやアプリケーションを守ります。

ビジネス上重要なデータを迅速に復旧

デジタル時代の今日、前例のない多さの情報への接続とアクセスで混乱の時を迎えています。 残念ながら、組織犯罪も例外ではなく、世界中のサイバー犯罪者がこの機会を狙っています。40秒ごとにランサムウェアの攻撃が実行され、来年までには14秒ごとなると予測されています。

増大する脅威に対応するには、企業は堅牢なデータ保護に特に重点を置いた多面的なアプローチをする必要があります。 ユーザの教育とエンドポイントのセキュリティは重要ですが、バックアップの世代管理から攻撃前の状態に復旧できることが重要です。

Arcserveだけが、クラウド上のシステムとアプリケーションを包括的に保護します。ランサムウェアの影響を根絶し、業務を継続できますので身代金の支払いは必要ありません。脆弱性スキャン、SSL暗号化、その他の技術的なコントロールにより、バックアップが実行されていることを確認できます。 5分未満で高性能の仮想サーバインスタンスを実行し、15分未満の目標復旧地点(RPO)に戻すことができるためゼロのデータ損失を実現します。

サイバー攻撃の影響を排除:

- 貴社でお使いのシステム
- 貴社でお使いのシステム

x86 とx86以外も、そしてクラウド、物理・仮想環境も

- 貴社でお使いのストレージの種類
- 貴社でお使いのストレージの種類

パブリック、プライベートクラウド、ディスク、テープ

- 貴社でお使いのアプリケーション
- 貴社でお使いのアプリケーション

Exchange、SQL Server、 SharePoint、Office 365、Oracle Database、Lotus Domino、さらに

Arcserve Business Continuity Cloudは、統合型、クラウドベースの管理インターフェイスにより、クラウドやオンプレミスのデータ損失を防止します。

独自の業務要件にコスト効率良く対応できる使い勝手の良いツールを幅広い機能から選択できます。

最適なソリューションを探しましょう。

Arcserve UDP

Arcserveのバックアップ・リカバリ ソリューションでは予算を最適化し、IT環境を合理化します。 ソフトウェア、アプライアンス、パブリッククラウド、プライベートクラウドのいずれに設置されていても、最大の保護レベルを提供します。 迅速なインスタントVMやベアメタル復旧(BMR)、ストレージアレイスナップショット、仮想スタンバイなどの機能を使用して、スピードと機敏性を向上させます。 完全に自動化されたテストでシステムの復旧を保証し、詳細なレポートを作成できます。

Arcserve Replication/High Availability

予期せぬ障害や人的エラー、災害によるシステム停止時間を最小限に抑え、データへのアクセスを最短で復旧させます。 Arcserve Replication/High Availability を導入することで、オンサイトや遠隔地、クラウド上のデータをリアルタイムにLANやWANを介して複製しますので厳格なSLAも満たすことができます。カスケード可能なHA機能で複数のレプリカサーバへのフェールオーバーシナリオの設定やデータの巻き戻しを使用して、アプリケーションやOSファイルを元に戻すこともできます。リアルタイムのサーバやアプリケーションの監視、自動、またはプッシュボタンでのフェールオーバー、ユーザ情報の自動リダイレクト、プッシュボタンのフェールバックでデータ損失を防止します。

お客様導入事例

Texas Healthcare System は、Arcserve UDP Appliance でランサムウェアからデータとシステムを保護

詳細を読む

Oxygenは、悪意のあるransomware攻撃によって被害を受けた医療機関を蘇生

詳細を読む
Arcserve UDP<br>を試す

Arcserve UDP
を試す

無償トライアルに申し込む

メッセージを残す

無償トライアル