データ保護のコストを削減

効率的なバックアップを導入すれば、コストを抑制できます。

データ保護のコストが増加していませんか?

今日の競争の激化するビジネス環境では、多様化するハードウェア、ストレージコストの高騰、データの増加、バックアップ時間の増加は企業にとって頭の痛い問題です。このような問題には新しいアプローチが必要です。

Arcserveの価値あるアプリケーションおよびデータ保護モデルは、IT運用を合理化し、組織全体のすべてのビジネス継続性の取り組みを統一することで、総所有コスト(TCO)を大幅に削減します。 これは、つなぎ合わされた製品や複数のベンダーのパッチワークの増加を排除し、サービス品質保証契約(SLA)をわずかなコストで実現することにつながります。 IT部門をコストセンターでなくすことや少ないリソースでより多くのことを実施できるようになります。

データ保護のコストを削減:

- 貴社でお使いのシステム
- 貴社でお使いのシステム

x86 とx86以外も、そしてクラウド、物理・仮想環境も

- 貴社でお使いのストレージの種類
- 貴社でお使いのストレージの種類

パブリック、プライベートクラウド、ディスク、テープ

- 貴社でお使いのアプリケーション
- 貴社でお使いのアプリケーション

Exchange、SQL Server、 SharePoint、Office 365、Oracle Database、Lotus Domino、さらに

Arcserve Business Continuity Cloudは、統合型、クラウドベースの管理インターフェイスにより、クラウドやオンプレミスのデータ損失を防止します。

独自の業務要件にコスト効率良く対応できる使い勝手の良いツールを幅広い機能から選択できます。

最適なソリューションを探しましょう。

Arcserve UDP

ソフトウェア、アプライアンス、パブリッククラウド、プライベートクラウドのいずれの混在環境にも対応可能なバックアップ・リカバリ ソリューションを導入するとITインフラ全体の保護の複雑さを軽減できます。 迅速なインスタントVMやベアメタル復旧(BMR)、ストレージのハードウェア スナップショット、仮想スタンバイなどの機能を活用することで、スピードと機敏性を向上させます。 自動化された検証テストでシステムの回復力を確保し、詳細なレポートで関係者への透明性が確保できます。

お客様導入事例

Ashfield District Council は、Arcserve UDP で運用コストを削減しながらサービス品質を維持

詳細を読む

IPS は、Arcserve UDPでシステムの停止時間とコストを抑制しました

詳細を読む
Arcserve UDP<br>を試す

Arcserve UDP
を試す

無償トライアルに申し込む

メッセージを残す

無償トライアル